2022年03月29日

必ず興味を持ちます!

ようやく、大学入試が終わりましたね。
 4月から大学生となる人たちへ。おめでとうございます!
大学でより専門的な学問に励んでください。(大学の数学は本当に難しいバッド(下向き矢印)
 残念ながら、合格できず、もう一年頑張る人たちへ。
時間があると思わないでください。時間はありません、必死で頑張りましょう。もう一年もありませんよ。共通テストまで10か月です!

 さて、前回の記事で子供に興味を持たせるとありました。
私は少し、大きな子供たちの興味を引こうと思います。
そう、受験生諸君、君たちにです!
ここから、受験勉強をする本人、または親御さんへ。
やはり、数学、英語が大事です。なかなか点数が上がりにくい反面、得意科目にすると非常に心強い味方となってくれます!物理は数学が出来れば、ある程度結果がついてきやすい科目、化学とくに有機はそんなに時間もかかりませんし、やればやるだけ点数は伸びます!社会は現代社会が点を取りやすいですが、難関国立大学では選択肢としてない所が多いので、注意しましょう。オススメは地理です。比較的暗記が少なく、考えて解けるので、理系向きだと個人的には思っています。国語は余裕があれば、古文に手を出しましょう。短期間で点数アップを狙えます。
 では、興味を持つ話に入ります。(前置きが長い)

a を実数とする.C を放物線y = x2 (xの二乗です)とする.
(1) 点A(a,-1) を通るようなC の接線は,ちょうど2 本存在することを示せ.
(2) 点A(a,-1) からC に2 本の接線を引き,その接点をP,Q とする.直線PQ の
方程式はy = 2ax + 1 であることを示せ.
(3) 点A(a,-1) と直線y = 2ax + 1 の距離をL とする.a が実数全体を動くとき,L
の最小値とそのときのa の値を求めよ.

どうですか?興味をそそる問題ですね。
すべての受験生諸君へ。
今は解けなくても大丈夫です。
でも、、、どうか10か月後には軽く解けるようになってください。心から応援しております。
来年の皆様に『春』が訪れますように。


偉そうなことを言っておきながら、この間、子供に確率漸化式を聞かれ間違っていた かも店F

posted by 正木浩二 at 14:20| Comment(0) | 豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: