2021年07月30日

郷土の偉人A 久米通賢

こんにちは。
郷土の偉人シリーズ第二弾は、久米通賢(くめつうけん)です!

皆さま、ご存じでしょうか?
久米通賢氏は江戸時代後期の学者・発明家です。
この人は前回紹介した山田兼松さんの記事でも書いた、塩田に所縁の深い人です。
久米通賢氏が40代の頃、高松藩主に才能を見込まれ、塩田開発事業に取り組むことになります。坂出の東大浜と西大浜に塩田を作りました。
この塩田開発事業、高松藩が財政難だった為に、再建することを目的に始められました。が、何せ財政難ですので、事業の途中で工事資金が足りなくなってしまったんですね…
しかし、久米氏が資材を投げ打ち、工事を継続、完成させたのです。
並々ならぬ情熱だ…!
この塩田のおかげで、塩生産量は日本国全体の約半分を占め、高松藩を潤わせ、財政難から見事に脱却したのです。
高松藩主が建てた久米通賢氏を称える石碑が、坂出に現在も残っています。

また、久米氏はあの伊能忠敬よりも早く測量を行ったことが記録に残っています。これも高松藩の事業で、久米氏が20代の頃でした。
そもそも久米氏は天文学と測量学を修めた人なので、この事業は専門分野だった訳です。オリジナルの測量器などを用いて測量し、天体観測を行いつつ、地図を完成させました。
この時作成された地図は、讃岐国最古の地図として残っているそうです。ちょっと見てみたい!
伊能忠敬が測量で讃岐国を訪れたのがこの2年後で、この測量にも久米氏は参加しています。

他にも久米氏は、武器の改良に携わったり開発したりとまぁ、多才な実績と功績を残されています。
坂出市には銅像があり、毎年「さかいで塩まつり」という久米氏と塩業を称えるお祭りも行われています。
久米氏の生家は「四国村」に移築、展示されております。
一度訪れたことがあるのですが、なかなか広い間取りでしたよ。200年以上前であの間取りと面積だと、そこそこ裕福なお家だったんではないでしょうか?(明治大正頃に改築された可能性あり)

「塩田の父」「讃岐のエジソン」と称される久米通賢氏。
功績の割りに知名度が低いので、もっと知られると良いなぁと思いつつ投稿します。
興味を持たれた方は是非調べてみてはいかがでしょうか。面白い人ですよ(^〇^)


一宮支店 U
posted by 正木浩二 at 15:39| Comment(0) | 豆知識

2021年07月20日

郷土の偉人@ 山田兼松

こんにちは。毎日暑いですね。
これまでマニアックな記事をいくつも投稿してきましたが、どうせなら香川県に関係する話題を取り上げてみようと思いまして、『郷土の偉人』シリーズとして香川県出身・所縁のある人物を取り上げていこうかと思っております。
気長にお付き合いください〜。


さて、オリンピック開幕まであと4日。
今日は、当時最も金メダルに近かったと言われるマラソン選手、山田兼松さんをご紹介します。
この方は明治36年生まれで、坂出市出身です。
昭和3年のアムステルダムオリンピックに出場し、好成績を収めました。
塩田業者の家に生まれて、幼い頃より家業の手伝いをしていました。塩田というのは、現代の私たちが想像するよりも広範囲で、また浜辺を歩き走り回る必要性があり、自然と足腰のトレーニングが行えていた訳ですね。
大正9年のアントワープオリンピックで10000mの代表として出場した宇多津出身の選手が凱旋した際、マラソン大会が開かれ、坂出市民のマラソンへの関心が高まったそうです。山田兼松さんも影響された一人なのです。
なので、10代後半〜20歳になる頃に本格的にマラソンを始められたのですね。
塩田での仕事の後、夜には陸上のトレーニングを行い、出場したクロスカントリー大会で優勝します。
そして、翌年、オリンピックの予選会でも優勝し、代表の座を得ました。
オリンピック本番では、首位を独走してしましたが、練習中に痛めて完治しないままだった膝の激痛の為にスピードが落ち、4位でのゴールとなりました。
惜しくもメダルには届きませんでしたが、日本人初の入賞を果たしました。
また、ゴール間近までトップに居たため、当時「最も金メダルに近付いた」選手と言われました。
更に、タイムは2時間35分29秒で、それまでの最速記録だった金栗四三の2時間36分10秒を更新しました。
この山田兼松さんの偉業を称え、丸亀ハーフマラソンにて「山田兼松賞」が設けられています。

努力の人ですね。
功績の割りにあまり知られてない気がします。もったいない。
県内で陸上、特にマラソンに取り組む子供たちには、山田兼松さんのような存在は誇りと共に自信と目標になるのではないでしょうか。


次回は、塩田と絡めて久米通賢をご紹介します。


一宮支店 
長距離走は下位からじわじわ追い上げるタイプだったU
posted by 正木浩二 at 15:24| Comment(0) | 豆知識

2021年07月08日

WL化粧品『カルフィア』シリーズのご紹介

こんにちは。
まだ梅雨は明けず、ぐずついた空模様が続きますね。
気温も気候も不安定だと、お肌の調子も崩れたり悪くなったり…等ということはありませんか?

wkcalvier.jpg

ホワイトリリー化粧品の『カルフィア』というシリーズをご紹介します。
この『カルフィア』という商品名ですが、正式には『CalVier』と書きます。
Cal = カルシウム
Vier = 4
という意味だそうです。
カルシウムゲルを利用した4つの特徴と作用を持つ商品なのですね。


4つの特徴とは、
@弱酸性
Aノンアルコール
B無香料
C無合成色素


そして、4つの作用は、
@ATP(細胞のエネルギー)を増やす
A活性炭素を減らす
B新しいミトコンドリアを増やす
C皮膚の新陳代謝を正常に保つ


低刺激でお肌に優しく、お肌の状態を整え、美しく健やかに保ちたい方におススメのシリーズです。
ホワイトリリー化粧品の中では「エイジングケア」ラインに含まれるシリーズですが、もちろんお若い方でもお肌の状態が気になる方はお使いいただけますよ。
ただ、決してお安い商品ラインではありませんので、継続して使用するのが難しい(><)という方もいらっしゃることでしょう。
そんな方には『ウエルハス』シリーズをおススメします。
全ラインの中では比較的安価ですし、低刺激でどの肌質の方にもお使いいただけます。ホワイトリリー化粧品を初めて使うならコレ!というシリーズです。
また、『ウエルハス』シリーズの中にもカルシウムゲルを使用している商品もありますよ。

正木薬局では、主にあおい調剤薬局で取り扱っております。
サンプルもありますので、ホワイトリリー化粧品に興味のある方はお近くに寄られた際には是非、お気軽にお越しくださいね。

ホワイトリリー化粧品 ホームページ


一宮支店 U
posted by 正木浩二 at 16:11| Comment(0) | 日記

2021年07月05日

知って損なし!「児玉ケーブル」

こんにちは。
6年近く前から使っているiPhone6sがいい加減寿命を迎えそうです。
メールチェックしただけで、バッテリーが10%程も減るようになってしまいました。
あぁ…


さてみなさん、児玉源太郎という偉人をご存じでしょうか。
明治期に活躍した陸軍軍人で、たいへん頭の切れる人物でした。
特に司馬遼太郎氏の著書等の影響で、日露戦争時の活躍がよく知られていると思います。旅順要塞を攻めあぐねる乃木第三軍に二八サンチ砲(大砲)を送ることを決めて、二〇三高地陥落に貢献しました。
しかし、児玉元帥の最大の功労は、戦争を見越して海底ケーブルを敷いたことである、と私は思います。

古代から現代まで、戦争において必須で重要なのは「情報」です。
敵味方の戦力や状況が分からなければ作戦の立てようがありません。どんなに強力な武器や装備を持っていても、場合によっては全く活かせず無意味なものになってしまう訳です。
児玉元帥は西南戦争の時の経験から、情報の確保の重要性を強く感じていたのです。
当時、日本も長崎〜上海、長崎〜ウラジオストク、呼子〜釜山の間にそれぞれ海底ケーブルが通っていました。このケーブルを管理し運営する会社は、大北電信会社といい、社名は日本名ですが実態は北欧の会社でした。
児玉元帥は日清戦争後、外国企業(特にロシアに近い)が管理・運営するケーブルを利用していては有事の際に通信を傍受されたり、ケーブル事態を切断され情報が遮断されるなど、不利になるのではないかと考えた訳です。不利になるならまだしも、戦争に負けるような事になれば国が国でなくなってしまうかもしれないのです。
よって、完全に日本国企業による日本国産のケーブルを敷設する必要があり、壮大な事業を開始しました。

まずはケーブルを敷くための船をイギリスに発注するところから始めました。
欧米諸国からは「日本にケーブルを引く技術などある訳がない」と馬鹿にされていましたが、やってのけちゃったんですねぇ〜。
明治30年には九州・那覇・石垣島・台湾ルートに海底ケーブルを敷設完了しました。
しかも、国外への情報漏洩を防ぐ為に、お雇い外国人を起用せず、工員は日本人のみ。
完全純国産海底ケーブルという訳です。

この当時、欧米諸国でも長距離の海底ケーブルを敷設するのは難しい事でした。
それを、初めて着手し、技術面でも欧米には及ばないと思っていた日本が、日本人の力のみで完成させてしまった技術力に、欧米諸国は驚き、驚異的に感じたそうです。
ざわ……ざわ……

この海底ケーブル、通称「児玉ケーブル」は、日露戦争中に大いに役立ちました。
特に有名な例は、日本海海戦時に『信濃丸』がロシアのバルチック艦隊を発見した際に打電した、「敵ノ第二艦隊見ユ」という一報でしょうか。
日本海海戦時の打電文は、児玉元帥が指揮し敷設された海底ケーブルと陸路にあるケーブルを経由して、東京の大本営に伝わりました。情報伝達の迅速さが海戦勝利の理由の一つなのです。
この辺りの話題は掘り下げると話が広がりすぎてキリがないので、割愛しますね。
興味を持たれた方は検索してみてくださいね。

明治後期に純国産の海底ケーブル敷設に成功した日本ですが、昭和初期になると無装荷ケーブルという多重通信に強いケーブルを開発します。
更に、昭和中期になると光ケーブルを利用するようになるのですが、日本はこの技術において世界一位になりました。
現代の我々がインターネットを快適に利用できるのは、通信ケーブルの分野の先人たちの努力と技術力があってこそなのですね。
特に日本がこの分野で世界一に輝いたのは、児玉源太郎が海底ケーブル敷設させたことが始まりだと言っても過言ではないでしょう。


割愛して書いたつもりが長くなってしまいました…
一宮支店 U
posted by 正木浩二 at 11:05| Comment(0) | 豆知識